格安の九州旅行を実現させたいなら高速バスを活用すべき

高速バス業界は競争が激化する中でどんどんサービスが進化しており、長距離路線が次々に新規設定されています。具体的には東京から博多まで直接向かうバスに片道1万円以下で乗れるほか、大阪から福岡に向かうバスに関してはなんと片道3500円程度でも済みます。

さらに大阪から福岡を超えて九州各地に直接向かえる高速バスも登場しており、それらを活用すると圧倒的に格安な九州旅行を実現させる事が可能です。

高速バスはどんどん進化している

かつて高速バスとは、設備が今ほど充実しておらず、料金は安い一方で色々と不便な点がありました。しかし、リーマンショック後に日本にもデフレの波が来て各分野の低料金サービスが人気を獲得するようになっていき、そんな流れの中で高速バスに注目が集まり始めます。

2010年代に入ると、競争が激化し始めて各会社が顧客獲得のために素晴らしい設備のバスをどんどん市場に投入するようになりました。さらに、寝台特急が続々と姿を消す中で寝台特急の個室に乗車するのが好きだった人達や富裕層をメインターゲットとして個室系の高速バスも増加傾向です。

個室系のバスは新幹線乗車料金と同じくらいの運賃ながら、低価格系・中価格系のバスを利用すれば相当安い料金で九州まで旅行に行けます。

色々な心配が要らなくなった高速バス

現在運行している高速バスは、一部を除いて低価格系のバスにおいても高い確率で車内にトイレが付いています。そのためトイレが近いかたでも安心して乗車できるほか、長距離バスとは必ず途中で休憩タイムが設けられるため人目が気になる場合は、SAのトイレを利用すれぱOKです。

さらに、かつては狭い4列シートのバスに女性と男性が横に座るケースもザラでしたが、今では女性の隣には女性が座るように極力配慮してくれます。そういった配慮により女性でも安心して乗車できるうえ、女性が両隣に座っている状態であれば、ちょっとした着替えや化粧なども車内で行えます。

東京からの格安九州(福岡)旅行

東京駅から博多駅までは約1200kmの距離がありますが、直通の新幹線に乗車すると5時間で到着します。ただし交通費が相当高く、自由席の場合でも約22000円かかり、指定席だと約23000円・グリーン席に至っては約3万円の料金がかかります。

自由席乗車でも往復4万円以上のコストがかかるため、若年層やあまりお金がない人が新幹線を使った九州旅行をするのは困難です。しかし、東京(東京駅・新宿駅)から福岡(小倉駅・博多駅)までを結ぶ高速バス(夜行バス)に乗車すると、曜日や時期によるもののと安い日なら片道8000円未満で済みます。

つまり、往復の交通費は1万5000円から1万6000円程度で済み、行きも帰りもバスに泊まる形をとれば、わずか2万円程度の予算で福岡に旅行に行く事も可能です。

ちなみに東京と福岡を結ぶ高速バスとは15時間から16時間もの時間がかかります。

さすがにそれだと疲れてしまいそうだし寝られるかどうか心配だと思う場合は良い方法があります。2列の個室系バスは高いものの、3列式で各席を分断するプライベートカーテンが付いたバスは4列式バス同様に相当安く乗車可能です。

これを活かし、東京から大阪までの区間、もしくは大阪から福岡までの区間に関して寝るための3列式バスに乗車すれば快適さとコストの安さを両立できます。大阪で一度バスを降りる場合は、ちょっとした大阪観光を楽しめるのもポイントです。

なお、今のところ、東京から福岡までは高速バスで直接アクセスできますが、福岡を超えて別の九州の県まで東京から直接アクセスできる高速バスは存在しません。

大阪からの格安九州旅行

東京駅から博多駅までの距離は約1200kmある一方、大阪駅から博多駅までの距離はその半分程度のため、気軽に九州まで旅行に行けます。

ただし、大阪(新大阪駅)から博多駅まで新幹線で移動するとなると2時間半で到着する一方、1.5万円から2.1万円ものコストがかかり、かなりの交通費になります。

それに比べて、夜行バスを利用すると片道3500円から5000円で済むため、新幹線の自由席乗車時と比べて交通費は1/3程度です。しかも、東京から福岡までは高速バスだと15時間から16時間かかるのに対し、距離に比例して半分程度の時間で到着するため、バスの乗り換えを検討する必要もありません。

一番グレードの低いバスに乗ってバスに宿泊する形をとれば、総コスト1万円でも十分福岡まで旅行に行けるため、高速バスは注目の存在です。なお東京から九州の福岡県以外の県に直接向かえるバスはまだないものの、大阪発の高速バスに関しては、鹿児島県を除く各県に乗り換えなしで行けるバスが既に存在します。

バスや電車でも平気で寝られるというかたは、大阪発で宮崎・熊本・長崎等に向かう高速バスに乗ってみるのもおすすめです。

長期の九州旅行を安く済ますためには?

色々と工夫すれば、短期間ではなく長期間の九州旅行を相当安く済ますことも可能です。定番の方法はネットカフェの利用で、2000年代からネットカフェは競争激化の中でサービスが進化し、今ではナイトパックが用意されているのが当たり前となっています。

1時間あたりの料金が300円かかるとしても、ナイトパックを利用すればビジネスホテルに泊まるよりも宿泊コストを抑えられます。なお、ナイトパックが定着する過程の中でシャワーが用意されている店も増えているため、旅行中に毎日スーパー銭湯などを利用する必要もありません。

その他、九州の郊外地区に長期滞在したい場合は、キャンプ場を宿泊場所としてバンガローではなくテントに泊まる形をとっても相当宿泊費を抑えられます。食べるものを工夫する事でコストを抑える事も可能で、例えばスーパーではPBの6枚切りor8枚切りの食パンを80円程度で買える時代で、良い朝食・昼食になります。

夜に関してはスーパーに閉店間際に立ち寄ると値引きによって相当安く、美味しい弁当を手に入れる事ができます。

九州在住者が日帰り旅行をするのに適した場所とは?

浮いた交通費を食費に回すという手もある

九州とは、各地に沢山の美味しいご当地料理がある地域で、現地でそういったものを食べずに食パンや一般的な弁当を食べて過ごすのは勿体ないところがあります。もし、ある程度予算がある場合は、交通費を大幅に浮かせた事をいかして現地での美味しい食べ物を思いっきり堪能するという形もおすすめです。

ちなみに、有名観光地においては競争が激しい中で低価格・薄利多売の戦略をとっている店も存在し、例えば博多の豚骨ラーメンを1杯290円で提供している名店もあります。その他のご当地料理に関してもうまく探せば各地に低価格路線の店があるため、事前に調査しておけば思う存分ご当地料理を堪能してもそんなには食費はかかりません。